各科・
各コース紹介

アルスシムラの教育理念は「色と言葉」を学ぶ

アルスシムラのカリキュラムは、染織の実技、講義、課外授業から成り立っています。
実技では、手仕事を通して心が躍動する色彩体験を大切にしています。
講義では、年度ごとにテーマを決め、様々な視点から思想、文化に触れていきます。
また、年に1~2回、課外授業も行っています。

通信科

対面授業とオンライン授業を組み合わせ、ご自宅でご自身のペースで楽しみながら、
織りの基本的な技術を学びます。

通信科には「初級コース」「中級コース」「中級アドバンストコース」「上級コース」があり、アルスシムラの染織の基本的な技術と思想をご自宅で学ぶことができます。シムラオリジナル機1台と機道具一式、カリキュラム教材をご自宅にお送りします。まずはスクーリング(対面授業)を行い、その後は月に2〜3回のオンライン授業で、機織りが初めての方でも安心して制作できるようサポートします。予め経糸(絹)を用意した状態で授業を開始し、ご自宅で織り進めます。植物染料で染めたシムラの色糸(絹)を織り入れていく“織ること”を主軸としています。

募集人数 初級コース・トライアル3ヶ月コースあわせて10名程度
(中級コースは2023年2月、中級アドバンストコースは2023年8月、上級コースは2024年春開講予定)
期間 秋期(8月〜1月)/春期(2月〜7月)
対面授業 スクーリング2日・オリエンテーション1日(どちらも京都にて開催)
オンライン授業 月2〜3回(金曜日もしくは土曜日)

受講の流れ

※機の返却はコースが終了するタイミングで行います。引き続き次のコースを受講される場合、機は継続してご使用いただけます。

機の組み立てと解体

シムラオリジナル機は、解体された状態でご自宅へお届けしますので、機の組み立てはご自身で行っていただきます。また、返却時もご自身で機を解体し、お届け時と同じ状態で返却いただきます。組立方法、解体方法の動画を配信していますので、動画を確認しながら組み立て、解体することができます。(オプションで組み立て依頼、解体依頼も可能です。別途料金がかかります。)ご自身で機の組み立てと解体を行うことも、機の構造を学び、機の扱いに慣れる良い機会です。

初級コース

基本カリキュラム アルスシムラが準備した白い経糸に、アルスシムラが染めた緯糸を織り込みます。経糸は初めての方にも扱いやすい糸を使用し、経糸の扱いの基本を学びます。スクーリング(対面授業)で基本の織り方を習得し、ご自宅でストールや小物を制作します。
1. 織り準備(経て継ぎ) 予め用意された経糸を機に掛けて織る準備をします。作業動画を確認しながら作業を進めることができます。
2. ストールを織る 柔らかい風合いを目指して、配色を考えながらストールを織ります(5尺/約2m)。房の作り方も学びます。
3. 小物裂を織る しっかりとした風合いを目指して、配色を考えながら裂を織ります(3尺/約1m)。織った裂はクッション等に仕立てることもできます。(お仕立て代は別途)
4. 自由制作 最長13尺まで自由に裂を織ることができます。しっかりとした風合いで織った裂は、帯に仕立てることもできます。(お仕立て代は別途)

トライアル3ヶ月コース

基本カリキュラム 機織り環境など、お試しいただくために、トライアル3ヶ月を設けています。基本カリキュラムと1.織り準備〜3.小物裂を織るまでは、初級コースと同じ内容です。
1. 織り準備(経て継ぎ)
2. ストールを織る
3. 小物裂を織る

機織り環境など、お試しいただくために、トライアル3ヶ月を設けています。基本カリキュラムと1.織り準備〜3.小物裂を織るまでは、初級コースと同じ内容です。

追加受講3ヶ月
自由制作
追加受講3ヶ月と合わせると、初級コースと同等の受講内容になります。

追加受講3ヶ月と合わせると、初級コースと同等の受講内容になります。

中級コース

(対象:初級コースを修了された方/2023年2月開講)

基本カリキュラム 糸は初級コースより細くなり、本科で着物を織る時と同じ糸を使用し、ご自宅で帯を制作します。アルスシムラが準備した色縞の経糸に、アルスシムラが染めた緯糸を織り込みます。織り方を習得するスクーリングは対面授業で行います。
1. 織り準備(経て継ぎ) 予め用意された経糸を機に掛けて織る準備をします。作業動画を確認しながら作業を進めることができます。
2. 帯を織る 帯の配色を考えながら織っていきます。

中級アドバンストコース

(対象:中級コースを修了された方/2023年8月開講予定)

基本カリキュラム 糸は初級コースより細くなり、本科で着物を織る時と同じ糸を使用し、ご自宅で帯を制作します。講師とのオンライン相談でデザインを決めたあと、経糸と緯糸の染め、織り方を習得するスクーリングを対面授業で行います。
1. 織り準備(経て継ぎ) 予め用意された経糸を機に掛けて織る準備をします。作業動画を確認しながら作業を進めることができます。
2. 帯を織る 帯の配色を考えながら織っていきます。

上級コース

(対象:中級アドバンストコースを修了された方/2024年春開講予定)

基本カリキュラム 糸は中級コースと同じ糸を使用し、ご自宅で反物を制作します。講師とのオンライン相談でデザインを決めたあと、経糸と緯糸の染め、織り方を習得するスクーリングを対面授業で行います。
1. 織り準備(経て継ぎ) 予め用意された経糸を機に掛けて織る準備をします。作業動画を確認しながら作業を進めることができます。
2. 反物を織る 反物の配色を考えながら織っていきます。
  • ※アルスシムラ卒業生の各コース受講対象については、別途お問い合わせください。
Features of correspondence course

機音のある暮らし

・手仕事やものづくりの楽しさを、暮らしのなかで日々感じることができます。
・桜の木を用いたオリジナル機。家具のようにお部屋に馴染む、コンパクトでおしゃれなデザインです。

つながるしくみ

・離れていても、オンライン上で仲間とともに学びあう時間があります。
・月に一度、アルスシムラ特別講師の志村洋子、志村昌司による講義をオンライン聴講できます。

イベントへ

・染めのワークショップも開催。植物染料を使った染め体験に是非ご参加ください。
・季節ごとの植物で染めた色糸の販売を予定しています。どんな色が染まっているか、お楽しみに。

About the loom

ご自宅でひとり機に向かうには、機そのものが魅力的なことも大切という想いから、コンパクトで機能的なオリジナルの機を制作しました。手触りが滑らかで糸にも優しい桜の木を用いた、インテリアとしても置いていただけるおしゃれなデザインです。機のサイズは幅約67cm、奥行き約96cm、高さ約127.5cm。
おおよそ畳1畳に収まる大きさです。制作にあたっては、「建築」「家具」という異なる分野のデザイナーと創り上げました。機には、志村ふくみのサインが入っています。

top
  • Google Translate :